【白い思い出と紅い約束】序章【小説】

2014.04.09 17:33|【約束】小説
序章

 暗く厚い灰色の雲に覆われた空。その暗い空の下、音すらも凍りついたかのような世界に、ただ静かに舞い降りてくるのは、純白の雪。
 ここは白銀の凍てつく世界。葉を落とした樹々が、鋭く黒々と聳えているだけ。
 
 その中に私はいた。

 私は白い雪の中に仰向けに寝ている。私にも雪が舞い降りている。それはまるで白い羽毛のように軽やかに絶え間なく、私の冷たい頬に、額に、髪にと静かに積もる。
 私は目を開けようとした。でも、瞼は強ばって、うっすらとしか開かない。

 あなたをひとめ見たいと思ったのに、私の狭い視界には、雪の白と空の灰色と針のような樹々の黒い鋭い先端しか映らない。
 私にはあなたは見えない。でも、あなたは私を抱きしめているはず。
 あなたの消えかかった鼓動が、私の胸に温かく響く。あなたの弱々しい息遣いが私の耳に聞こえてくる。
 あなたの重みが心地良い。今、あなたの儚い温もりがいとしい。
 あなたの体からさらさら流れ出ているであろう、あなたの赤い命。
 あなたの温かいその赤が、この純白の雪を真紅に染めているのだろうか……。私の周りをあなたの赤が染めているのだろうか。あなたの命の色は、私をも染めてくれているのだろうか。

 ――まるで、赤いドレスを着ているみたいに――?

 あなたは私に、赤いドレスが似合うだろうって言ってくれた。
 あの時、あなたはグラスを傾けて、怒ったような顔をしていた。私が顔を覗き込むと、顔を逸らして頬を赤くしていた。
 そんなドレスを着て、あなたと踊ってみたかった。この舞い落ちる雪のように軽やかに。

 生まれ変わってもまた会おう、あなたは言った。
 私は雪に埋もれた自分の腕を動かした。もう動けないあなたを――冷たくなりつつあるあなたの体を――私の残った最後の力で抱きしめて微笑んだ。

 私は眠るだけ、だよ?

 目を覚ましたら、あなたは私の腕の中にいてくれるのかな。
 あなたは生まれ変わるんだね。
 そして、私を覚えてくれているよね。
 もし、生まれ変わったら、すぐに私を見つけてほしい。
 生まれ変わったあなたに会いたいから。すぐに、会いたいから。
 また一緒に笑おう。一緒に怒ろう。一緒に泣こう。一緒に歩こう。一緒に走ろう。一緒に空を見上げよう。
 またあなたを抱きしめたいよ。力一杯抱きしめてもらいたいよ。

 ……会おうね。

 これは現だったのか。それとも一つ短い夢が終わり、また始まるだけなのだろうか。
舞い落ちる雪が、夢の中においでおいでと、私に優しく囁きかける。白い雪の精たちが手招きをする。私を眠りに誘っている。

 ――あなたに出会った瞬間。その瞬間から幸福な夢を見始めた――そんな気がした。



こちらは過去に書いた物語です。
序章読み返したら、めっちゃ頭ふっとんでて自分で吹いたとですwww
どwwwんwwwなwwwお花畑頭www


目次とかお品書きとか作ったほうがいいのかしら・・・でもそんな立派なものでもないし。
でもこれでもう一つの話をのせたら、さらにめちゃくちゃになるわよね・・・。
小説家になろうとかにうpればいいのかしら・・・とか思ったりするのです。

・・・あたしってホントバカ( ;∀;)
スポンサーサイト

コメント

小説ktkr (*゚▽゚*)

早速読ませていただきました。
序章から、クライマックスのようで、ただならぬ雰囲気を醸していますね。

確か、結衣さんが以前UPしていたイラストに、このお話とよく似た物があったような気がするのですが??
この小説の挿絵ですかね?

何はともあれ、続きが気になりますw
次回も期待しています!

最初の行から、話の続きが気になりましたね

白銀の世界とか、雪が降り積もってるとか
世界にまるで自分が取り残されてる様な感じとか
すごい大好きですね。

雪の中で仰向けでねるなんて、すごい絵になって
綺麗ですよね。


結婚式のスピーチ諸々お疲れ様でしたノ

gaeanさん

コメントありがとうございます(*´ω`*)

序章はイタイポエム風です←
間隔をあけずに載せていきたいとこですが、なかなか時間が(;´д`)

昔書いたときに指摘されたおかしいところを訂正しつつ
うpっていきます。
直しようがない場所も多いのですが……シカタナイ(;´д`)
よかったら続きもどうぞです(о´∀`о)

そうです。以前描いた絵はこの話のものです。
あの絵は女の子一人でしたが………
Y(o0ω0o)Y

荒ぶるプリンさん

コメントありがとうございます(*´∀`)
結婚式のスピーチは本当に緊張しました。
立ってただけなのに全身筋肉痛になっちゃうとか(;´д`)
(チキンすぎる私)

雪の白さに憧れた結果、こうなりましたw
形容詞だらけで大分削除しましたが、
序章と本編の差が激しくなってます(。・ω・。)

感動しました(;艸;)
もしこれをイラストに描くなら…という構図まで鮮明に浮かびました。
本当に素晴らしいです!

freilさん

コメントありがとうございます(*´ω`*)読んでくださってありがとうございますm(__)m

感動だなんて…この先の展開とかで
呆れられてしまうかもしれません(;´д`)

序章から本編へが落差あるのでちょっと心配です。
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は笹間シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)

にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ



現在、木曜日に創作物語を予約投稿しています。


ブロとも様&リンク様募集中です♪

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
15位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村