topimage

2017-05

【白い思い出と紅い約束】一・出逢い(2)【小説】 - 2014.04.20 Sun

「白い思い出と紅い約束」

一、出逢い(2)

 樹々の枝を振り払い、足場を確認しながら、トオルは道のない山中を一人歩いていた。無造作に生い茂る樹々は歩みを阻み、何度も立ち止まらざるを得なかった。天を見上げれば、樹々の葉の合間からは曇り空が覗くばかりだ。
 釣り上がり気味の、鋭い焦茶色の瞳が細められる。黒の短い髪が揺れた。顎は細く、精悍な顔立ちである。鍛えられた体はしまって細い。彼はいつもは軍服に身を包んでいた。しかし、今は変装のため薄汚れた服を羽織り、大きな荷を背負い、山道を歩いていた。
 彼は志願し軍に入隊し、また自ら希望し故郷の町へと戻っていた。
 今やるべきこと――現在のトオルの目的――は、国を護ることではなくなった。
 
 ……目的は二つ。
 一つは、地方への電気供給を再開させること。
 政府は資源の乏しい地方都市への電気供給を停止した。先日の電話以降、トオルの故郷も停電している。
 政府の決定に異を唱える地方の者達は全て「反逆者」として拘束され、処刑されている。地方配属の軍人や地方役人が首都に嘆願に行くだけでも、拘束されるという噂が流れていたが、噂は事実だった。
 自分が住む地の人々を護るために、政府の言う「反逆者」にならざるを得なかった。発電施設は首都にあり、政府が管理し軍が守っている。
 もう一つは「翼ある者」を捕獲すること。
 巷で流布していた、翼が生えた人間が空を飛ぶのを見たという話。人々の願いを叶えるとも、その者の血に神秘の力があるとも噂されていた。
 政府はその「翼ある者」を捕らえておきながらも逃がしたという。手元にあれば交渉に役立つかもしれないと、政府より先に「翼ある者」を捕獲しようという話になった。

 トオル達軍人は、各々の方法で首都を目指している。
 トオルは長く首都配属だったこともあり、顔が知られていた。湖の船着場での検問に引っかかる可能性が高かったので、人目につかないよう山中を移動していた。
(こんな時に、何が翼の生えた人間だ。それより電気だ。冬になる前に、何とかしないと……)
 リトス湖の南側に辿り着いた。湖の南側に首都があった。この辺りはまだ暖かかった。樹々の葉すら落ちていない。湖一つ隔てただけで気温がこんなにも違うことにトオルは驚く。数年前はここまでの気温差はなかった。
 黙々と歩みを進めると、いつしかトオルの耳にせせらぎの音が聞こえてきた。近くに小川が流れているのだろう。トオルは汗を拭い、肩にかけた荷物を背負い直す。小川に出るのなら、そこで休憩しよう。
 小さな川が流れていた。流れは穏やかで、小鳥の囀りが聞こえた。トオルは荷を置いて辺りを見る。今は荒れてしまったが、昔の美しかった頃の故郷に似た景色だった。透き通った水が流れる小川。小鳥達の囀り、風に騒めく樹々の葉の触れ合う音。

 トオルの目が一点でとまった。
 小川で遊ぶ一人の娘がいた。年はトオルより五、六歳……もっと下だろう。腰まで届く艶のある漆黒の髪が、陽光に煌めいていた。黒い瞳、桜貝色の形の良い口唇。娘は両手で水をすくっては飛ばして遊んでいた。
 その手は白く細かった。彼女は裸足で、その足も白く細かった。白いキャミソールに黒のショートパンツ。川原には黒いブーツが無造作に放り投げられていた。
 無邪気に小川で遊ぶ娘の姿にトオルは見とれた。
 娘は美しかった。娘の背には純白の翼があった。
 ――その姿は天使。

 娘がトオルに気付き、微笑みかけてきた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

政府がなぜ、1度捕まえた翼ある者をにがしたのか?
逃がさざるをえない状況だったのか、それとも自力で逃げたのか?想像が膨らみますね

トオルの前に現れた翼をもった少女
ひどい世の中にあるから綺麗な姿
無邪気に遊ぶ姿が天使に見えたんでしょうね

終わらせ方がニクイですw

最初から最後までサラッと読めるのは、結衣さんの文章力なんでしょうね♪
素晴らしいです♪才能ちょっとクダサイ!(←結構本気)

そして、次回がものすごく気になる終わり方じゃないですか♪♪
女の子の反応が予想外だったことといい、もう次回が楽しみで仕方ないです(;∀;)ノシ

荒ぶるプリンさん

いつも読んでくださってコメントありがとうございます(●´ω`●)

逃げてしまった理由はあとからわかるようにしたいです。
無茶な理由とかまどろっこしい文章にならないようにしていきたいです。
とりあえずはヒロイン登場☆本当に無邪気なおにゃのこです(*´ω`*)

freilさん

読んでくださってコメントしてくださってありがとうございます(´∀`)

終わらせ方ニクイですかwそんなことないですよwww
さらっと読めましたか?大丈夫ですか?読むのが苦行になってないかと心配ですw
前書いた時には読みにくいといわれてるんです。
わけわからないとか(;´∀`)・・・りあるの友達に言われたヨ(ノД`)・゜・。

ようやくヒロイン的ぽぢしょんのおにゃの子登場ですw
翼はあるけども、フツウダヨ・・・たぶん(;'∀')

コメントが遅くなってすみません(汗

出逢い編、その2、読ませてもらいましたよ~。
今回は、トオルの物語でしたね。
翼ある者が何者なのか、現時点ではまったく予想がつきませんw
なんとなく物語のキーパーソンになりそうな気がするので、トオル共々、今後の動向を見ていきたいです。


あと…物語の世界観が、壮大で凄いなっと思いました!
細かな設定まで、しっかり考えられていて、とても完成度の高い小説になりそうな予感がしますw

gaeanさん

コメントありがとうございます<(_ _)>
でも無理してコメントしてくださってるようで申し訳ないです(´・ω・`)
(無理なさらずにコメントしてくださって大丈夫ですよー)


ようやく出逢ってくれたよwwwって感じですかねw
一人称で物語を進めるのが苦手で、一応主人公はトールたんですが
彼はなかなか動かない人間なので、登場人物が増えた方が動きやすいんです。

設定というか面倒なことを書いているせいで、
長ったらしい文章になってるのも事実です(・_・;)
善処せねばです(;´・ω・)


管理者にだけ表示を許可する

【お知らせ】面倒なもの、増えました «  | BLOG TOP |  » 【イラスト】「舞う乙女」

プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は野分シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ


現在、毎週木曜に物語を予約投稿しています。

ブロとも&リンク募集中です♪

最新記事

カテゴリ

【イラスト】 (96)
【らくがき】 (38)
【Cry*6】 (63)
【Cry*6小説】序章 (1)
【Cry*6小説】第1章 (8)
【Cry*6小説】第2章 (8)
【Cry*6小説】第3章 (8)
【Cry*6小説】第4章 (2)
【Cry*6小説】第5章 (0)
【Cry*6小説】間章 (2)
【Cry*6】登場人物 (6)
【Cry*6】イラスト (28)
【白い思い出と紅い約束】 (102)
【約束】小説 (58)
【約束】登場人物 (4)
【約束】イラスト (39)
【過去イラスト】 (15)
【イラスト途中】 (66)
【バトン】 (2)
【フィギュア関連】 (9)
【日々の出来事】 (46)
【頂き物イラスト】 (9)
【1周年企画】 (9)
【2周年企画】 (11)
【4周年企画】 (4)
【捧げ絵】 (6)
【お知らせ】 (12)
【ごあいさつ】 (1)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
71位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村