【白い思い出と紅い約束】四、月下(2)【小説】

2014.07.12 10:59|【約束】小説
「白い思い出と紅い約束」

四、月下(2)

 三人は何日か野宿を重ねる。事件もなく、穏やかな旅だった。太陽が西に傾いた頃に、ようやく田舎町に着く。
 小さな町で宿は一軒しか見当たらず、三人は迷わずその宿に入った。
 宿には仲間から「至急会いたい」という内容の伝言があった。もちろんトオルの偽名宛で、文面は簡単な暗号になっていた。

「ちょっとそんなに傍に来ないでよ!」
「だって、こわい、んだもん。トオルいないから」
 トオルが仲間に会うために夜から出掛けたので、マリとヒナが同じ寝室となった。……お互い渋々ではあるが。夜は停電するので蝋燭の灯りしかない。
「ったく、部屋にいたらどこいたって同じでしょーが。私、そういう趣味ないんだから! そんなに傍に来ないでよ」
 狭い部屋でも傍に来るヒナを、マリは手で払ったが、ヒナは諦めずにマリに付きまとった。
「くはぁー! 生き返るぅ」
 シャワーを浴び終わったヒナがのそのそと浴室から出ると、先にシャワーを済ませたマリがタンクトップに短パン姿で、ベッドの上であぐらをかいていた。肩にタオルを掛けたまま、小さな酒の瓶を一本空けていた。
「生きてるのに、生き返るの?」
 ヒナが不思議そうにマリを見た。マリは「そんな気分なだけ」と軽く答えた。
 その答えに返事をせず、ヒナはベッドに入り込み、マリの横に俯せに寝転んだ。髪がまだ濡れたままだった。
「まだ髪濡れてるじゃん。タオル貸しなよ」
 タオルを手にしてマリがヒナの髪を拭いて乾かしてやる。何だかんだ言ってもマリは面倒見が良い。
「ね、マリ」
 ぼんやりしたヒナの呼び掛けに、「ん?」とマリが返事をした。
「ツバサアルモノ、ってなぁに?」
 マリが呆れた顔をした。この子は今更何を言っているのだろう。
「何言ってるのよ、ヒナ? あんたのことだよ。あんたみたいに翼が生えてる人のこと」
「へぇー、そうなんだ」
 今頃納得するヒナ。
「そうだよ、今になって何言ってるの? ……えと、ヒナは『天使』じゃないの?」
「テンシ、って何?」
「じゃあいい」
 マリは質問を放棄した。ヒナもその件に関しては、それ以上訊いてこなかった。しかし、ヒナは違う疑問を口にした。
「トオルとマリは、私をつかまえることがニンムなの?」
「ん~、そうだね。あと町への電気の供給の再開、かな? 私たち反乱起こしている軍人の。出来るか怪しいけどねぇ」
 私は現地採用の即席軍人もどきだけど、とマリが小さな声でぼやきながら付け加えた。
「ハンランの軍人? トオルも? マリも?」
「そーよ」
「じゃあ、私もそれになる!」
 枕を抱きしめながらヒナが嬉しそうに言った。
「ヒナは『翼ある者』なの! 軍人にはなりたくてもなれないよ!」
 マリの突っ込みに、ヒナは淋しそうに枕に顔を埋めた。
「……」
 しばらく無言でヒナの艶やかな髪を拭いていたマリだったが、どうしてもヒナに訊きたいことがあった。
「……あのさぁ、ヒナはさぁ。先輩と、どんな関係なの?」
「カンケイ? 私は獲物、だよ」
 枕を抱きしめて俯せになりながら、ヒナはぼんやり答えた。
「違うって……毎晩ずっと一緒でしょ? 何ていうかさ……」
 タオルを手に、マリが言いにくそうにしていると、ヒナがはっきりと言った。
「トオルとは寝てるだけだよ」
「ね、寝ちゃってるの?」
 慌てるマリに、ヒナは下唇を噛みながら首を横に振った。
「横で寝てるだけ、なの。トオルは愛したオンナとしかヤらないんだって。だから私は違うし。さびしいな、さびしいよう。でもこわいし。獲物でもいいのに。獲物でもいいけど、何でもしたいのに……でも何ができるかわからない……だってだって……」
 よく解らないことを呟きながら、うとうとし始め、そのままヒナは眠ってしまった。
 少しの間、ヒナを見ていたマリは、タオルを横に置いた。黙ったまま、もう一本ある酒瓶の蓋を開けて口をつけた。
「確かにこれは妹かもね~」
 ヒナの寝顔を見ながらマリが苦笑した。
「先輩……シスコンってわけじゃないよね?」
 苦笑した後、顔をしかめて青ざめる。
(でも、こんなに可愛い子が横にいて何もしないってのも、また問題なのでは……? ……いや、それ以上は考えないようにしよう……)
スポンサーサイト

コメント

とりあえず、今できそうなのは
そばにいてあげることかな~

いい具合に心が和みそうだし
殺伐とした世界だからなおさら^^

逆にもし手を出してると聞かされたら...
トオルかえってきたらマリに何言われるかw

荒ぶるプリンさん

コメントありがとうございます(∩´∀`)∩

なーんにもしないで寝てるとは先輩どういうことなの!?と思いつつ
マリのことなので何かあったらば発狂すると思います(´艸`*)
発狂というか暴れますねwww宿を破壊しかねないwww

でもなんだかんだで面倒見がいいのがマリなんですw

あと、この国は飲酒は18からおkな設定です(一応念のためw)

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は野分シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ


現在、毎週木曜に物語を予約投稿しています。

ブロとも&リンク募集中です♪

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村