topimage

2017-04

【Cry*6】1-2、何も訊かない - 2014.09.11 Thu

「食事」




1-2、何も訊かない

「ごめんね。焦げたシチューなんて。怪我人に出すものじゃないよね」
 うっかり気を失っちゃって、とリルは笑おうとしたが、すぐに肩を落とし、うなだれる。相当落ち込んでいる様子だった。初対面の人に振舞う料理は上手に作りたかったのだろう。
「ありがとう。焦げてても美味しいよ」
 リルと二人、椅子に座り向かい合って食事をとるルアト。椅子にも難なく座れ、体は不自然なほど自然に動いた。
「ありがとう。お世辞でも、嬉しいです」
 照れ隠しでリルが舌を出す。固いパンとシチュー。ルアトの食卓もこんな感じだった。パンを齧りながらリルを見ると、顔色が悪いように感じた。
「疲れているの?」
「……うん、そうなのかな」
「俺の、看病のせい?」
「ち、違う! 違うから。気にしないでください。最近は仕事が、あれで、なのです」
 曖昧な説明だったが「そっか」と納得し、ルアトは視線をテーブルに落とす。こんなに怪我が治っているのだ。何日この子に迷惑をかけたのだろうか。椅子から落ちても起きないくらい疲れさせたのかもしれない。
 視線を上げると心配そうに様子を窺うリルと目が合った。リルは吃驚したのか顔を赤くしている。彼女を安心させようと、行儀悪いがシチューをかきこんだ。
「焦げててもうまい。生きてるんだって、感じる」
「まずさで生きてるんだって、感じたの?」
 本当に美味しいよ、とルアトが笑うと、リルの顔はさらに赤くなり、手にしたスプーンまで落としていた。彼女は人見知りなのだろうと考える。男慣れもしていないのかもしれない。
 そして、ルアトがもう一つ考えていたこと。
「あのさ……リル」
「どうしたの?」
「俺は、なんで生きてたんだろう? 崖から落ちた筈なのに。怪我もほとんどしてないし。奇跡だと思うんだ。君が……助けてくれたんだよね? 」
「えっ、と、うん。あなた……ルアトは木に、丁度木の枝に引っ掛かっていたの。だから怪我、軽く済んだの。それでね、知り合いの薬師さんにお薬をもらったの」
 そうなんだ、とルアトは俯いた。
「どう……したの?」
 不安そうなリルの声がルアトの耳に届く。
「本当はさ、あそこで死んでも良いって思ってたんだけれど」
 そう、と寂しく呟き、リルはごめんなさいと続けた。何があったのか、聞こうとせず、謝罪する少女。
「やっぱり、死にたいなんて思わない。助けてくれて、ありがとう」

 リルは唯一の家族だった祖母が亡くなってから、村の外れのこの小さな小屋に一人で住んでいるらしい。
 部屋も寝室兼食堂のみ。あとは物置の屋根裏に続く階段がある。あと一部屋あるが扉は固く閉ざされていた。
 リルは亡くなった祖母の部屋だと言った。開けるべき時が来るまで扉を開けるつもりはないと話していた。
 玄関のすぐそばにベッドという配置だったが、狭い家で仕方なかったのかもしれないが、リルは冗談なのか倒れこむのにちょうどいい場所、と言っていた。本当はこの場所に長椅子があったらしいのだが、長椅子は階段横に移動している。
 とても申し訳なかったが、一応ルアトが怪我人なのでベッドを使わせてもらっていた。リルは無骨な木の長椅子で毛布にくるまって寝ていた。――本当は年頃の娘の寝床にいることに気恥ずかしさもあったのだが。あまり言うとリルを困らせてしまう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

女の子が作ってくれたことに意味があるんだよ
きっとwww見た目じゃないよ(とフォロー)

シチューのこげと生きていく辛さは
似ているから食べてる時に
生きてるって感じたんだねww

荒ぶるプリンさん

コメントありがとうございますm(._.)m

このシーンいまいちですね( ̄▽ ̄;)いらなかったかも。
うう(´;ω;`)

死ぬつもりでいて助かってしまい、必死に看病してくれていた子に対して
感謝してるけれど、気持ちがモヤモヤしてる……
のに、ルアト……食欲あるなぁ。
メンタルと内臓強すぎるでしょと突っ込みたくなってまいますね(;´д`)

>焦げたシチュー

印象的でいいですね。
焦げたシチューが良いのかも。
普通にパンと・・・じゃ、記憶に残らないから。

生き返った最初の食べ物、これぐらいの味付けがピッタリかも。。
そして、物語の最後に、逆に焦げた焦げたシチューを作って、
食べてもらうとか。。

訪問ありがとうございますヽ(≧▽≦)/応援して帰ります。
ポチ全部☆彡 また来ますね。

雫さん

コメントありがとうございます。

焦がれる的な……シチュー(違う)
焦がすことがないような女の子になっていったらと思っています。

こちらこそありがとうございます<(_ _)>


管理者にだけ表示を許可する

【らくがき】「あたしとびきり気まぐれなダイナマイトキャット」 «  | BLOG TOP |  » 【白い思い出と紅い約束】「すやすやなう」【イラスト・・・と雑記】

プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は野分シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ


ブロとも&リンク募集中です♪

最新記事

カテゴリ

【イラスト】 (94)
【らくがき】 (38)
【Cry*6】 (56)
【Cry*6小説】序章 (1)
【Cry*6小説】第1章 (8)
【Cry*6小説】第2章 (8)
【Cry*6小説】間章 (1)
【Cry*6小説】第3章 (6)
【Cry*6小説】第4章 (0)
【Cry*6】登場人物 (5)
【Cry*6】イラスト (27)
【白い思い出と紅い約束】 (103)
【約束】小説 (58)
【約束】登場人物 (4)
【約束】イラスト (39)
【過去イラスト】 (15)
【イラスト途中】 (65)
【バトン】 (2)
【フィギュア関連】 (9)
【日々の出来事】 (47)
【頂き物イラスト】 (9)
【1周年企画】 (9)
【2周年企画】 (11)
【4周年企画】 (4)
【捧げ絵】 (5)
【お知らせ】 (12)
【ごあいさつ】 (1)
【Cry*6】第五章・巫女との出逢いの章 (0)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
1396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
63位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村