【白い思い出と紅い約束】八、妬情(1)【小説】

2014.12.18 22:00|【約束】小説
「白い思い出と紅い約束」

八、妬情(1)


人が争う様をマリは目前で初めて見た。
 現地採用の若者は、地方の武力強化、新たな軍の人間の育成のために、トオルを含め軍人達に戦い方を教えられてきた。
 しかし、自然災害が続き、救助活動ばかりを行い、戦はないままに反乱軍として行動している。実戦を行なったことはもちろん無い。
 あの時――ヒナがトオルに駆け寄った時――は、悔しいくらい体が震えて動けなかった。
「私、戦って人が刺されて、血を流しているのを初めて見ました」
 宿に戻り、着替えを済ませて出立の支度をしているトオルに、マリは低い声で言った。荷造りをしていたトオルが顔を上げると、マリは椅子に腰掛けてうなだれていた。
「……俺を軽蔑したか?」
 穏やかな声で問うトオルに、俯いたままマリは首を横に振った。マリの荷造りは既に終わっている。荷物が椅子の横に置かれていた。
「あれくらいでへこんでる自分が、情けないんです」
「情けないことはない。慣れてしまうよりはましだ」
「……先輩」
 見るとマリが顔を上げていた。
「何だ?」
 声を掛けたもののひとしきり沈黙し、悩んだ末、マリは疑問を口にした。
「何であの時、ヒナに何も言うな、って言ったんですか?」
 トオルは軽く笑った。
「あいつは勘がいいうえ、心を察するし素直だ。あの時、俺が考えていたことを口にしてほしくなかった。判断を鈍らせるからな。それだけだ」
 振り返り、ドアを見るマリ。
「ヒナも、落ち込んでますね……」
 部屋の外にヒナはしゃがみ込んでいるだろう。中に入るように促したが、ヒナは部屋に入ろうとしなかった。
 トオルは息を吐き、眉間にしわを寄せた。
「あれはまた違う理由だろう」

「……」
 ヒナの頭と心の中は、彼女なりに複雑だった。
 二人の戦いの後、トオルに駆け寄ったヒナだったが、ホテルに戻ると、何かを思い出したように、はっとしてトオルから離れた。そしてずっと廊下の隅でうずくまっていた。
 宿を出て、血のついた服を茂みに捨てるトオル。それを離れた場所から、マリの後ろからヒナは見ていた。
 夜のうちに町を出て野宿をしたが、ヒナはマリにしがみついて寝た。
 朝が来ると、トオルから離れて歩き、トオルから離れた場所に座った。
「……あの人、さびしかったね」
 陽光が暖かい昼下がり。街道横の広場で小休憩中に、ヒナがぽつりとマリに言った。
「あのルチルって人?」
 ヒナが小さく頷いた。トオルは少し離れたベンチに腰掛けていたので、二人の声は聞こえていないようだ。マリはちらりとトオルを見た。昨夜の戦いのせいか、彼には疲労が色濃く漂っていた。
「あの人。トオルのこと、好きだったのに。すごく悲しいね」
 マリは空を見る。澄んだ青色が寝不足の目には眩しい。無言のまま自分の水筒を俯くヒナに手渡した。
「男と女はまた考え方違うしね。別れたあとに、引きずる人もいるんだよ。今回は……まぁ、本望なんじゃないかなぁ?」
 ヒナは水筒の水を飲んでからまた俯いた。
「私みたいのを……トオルは引きずってくれるかな。捨てられるかな。やっぱりトオルのペットなのかな」
「ペットって……ヒナ、何言ってんのよ?」
 マリの横顔をちらりと見たヒナは唇を尖らせている。
「マリもトオルのこと、好きでしょ?」
 マリは頬を赤らめて、強い口調で言った。
「好きっていうか……あ、憧れよ! 憧れ!」
 赤い顔のマリは、ヒナから水筒を奪い取る。ヒナは俯いたまま、肩を震わせた。
「マリはふつうの人だからいいな。トオルは優しいけど、私のこと、好きじゃないんだ。だって人じゃないもんな」
スポンサーサイト

コメント

兵士としてはもちろん必要だけども
トオルもほんとは慣れたくはなかったんだろうな
マリちゃんに話してる時、まるで兵士になりはじめた自分を見てるようだったんだろうなと思ったりしちゃいました

ヒナちゃんもいろいろ考え込んでつらそうだな
自分が呼び出されなかったらとか...
やっぱり自分が翼があって人じゃないのが苦しいだろうな

荒ぶるプリンさん

コメントありがとうございます(*´∀`)
トオルとしてはマリには普通でいてほしいと思ってるんですよね。
後輩も含めて。
そのくせにここまで連れてきちゃってもうwww

ヒナは頭パンク状態です。
勘もいいからさらにいろいろと感じて
悩んでいるんだと思います(´・ω・`)
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は野分シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)

にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ

※現在ブログ村ランキングには参加しておりません。

現在、毎週木曜に物語を予約投稿しています。

ブロとも&リンク募集中です♪

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
390位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
10位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村