【白い思い出と紅い約束】八、妬情(2)【小説】

2014.12.22 22:00|【日々の出来事】
「白い思い出と紅い約束」

八、妬情(2)


 膝を抱え、ヒナがしくしく泣きだした。マリが水筒片手に困っていると、二人の前にトオルが来た。
「どうしたヒナ? 何を泣いている?」
 涙を流しつつ、ヒナはトオルを見上げた。
「あの人はトオルのこと、愛してたよ。私はトオルのなんなのかな? ペット?」
「……ルチルに何か言われたのか?」
 勢いよく立ち上がったヒナは、疲れた顔のトオルを睨んだ。
「私、トオルのためなら何でもするよ。何されてもいい。私は『獲物』でもいい。けど、人と同じように見てほしいよ。トオルのこと、大好き。でもトオルは、いつも違うから」
(もしかして、修羅場? ちょっとわくわくしちゃうんだけど)
 居心地悪そうにしつつも、座ったままのマリは動かない。興味津々で目の前で起きている喧嘩の様子を窺っていた。
「違うって、何が?」
 珍しくトオルも苛ついていた。両手を腰に当て、俯きがちにヒナの話を聞いていた。
「トオルがあの人と愛し合ったのと、トオルと私の感じ。違うもん。いつもトオルはなんかよそよそしい!」
「俺に女がいたことが、そんなに嫌なのか?」
 ヒナは唇を尖らせながら首を振った。
「違うもん!」
 両手を腰に当てたトオルが顔を上げた。
「お前だって……」
 トオルは言い掛けてから後悔した。ヒナは目に涙をためていた。
「私は違うから……! 愛とかじゃなくて、人じゃないから、人じゃないけど女だからってひどい目にあって、イヤなことされてきたんだもん! 私……私はずっとトオルだけだもん! バカ! トオルのバカ! バカバカバカ! バカ!」
 ヒナはトオルの上着を地面に叩きつけた。白い翼を広げて、大粒の涙をこぼしながら羽ばたいた。
「ヒナ!」
 立ち上がって名を呼んだが、ヒナは振り返らずに、飛んで行った。。
「あいつ……こんな目立つ場所で飛びやがって」
 落ちた上着を拾いながら、トオルがぼやいた。その横にマリが腕組みしながら立った。
「嫉妬ですかね、ヒナ。昔の女に」
「マリ。迷惑かけるな」
 マリは笑顔で首を振った。その後、空を見上げた。
「いいんです。ヒナの気持ち、少しわかる気がするんです。私たちと……先輩と、対等になりたいんだ。翼ある者とか化け物とか言われてるけど、普通に見てほしいんだ……」
「……しかしな、普通に見てるんだがなぁ」
 二人は顔を見合わせ、溜め息をついた。
「……あの子、誰よりも人間臭いですしね」
 街道の南にある森にヒナは飛んで行った。誰にも見られていなければいいと、トオルは考えを巡らす。
「悪いが探してくる。次の町で落ち合うか」
 ここからでも町並みが確認できる程、次の町は近かった。
「そうですね。入って右にある、いかがわしくないホテルに予約しときます。右になかったら左を探す感じで。いつもの偽名で」
「頼んだ!」
 返事を待たずに、トオルは走り出していた。
「あ~あ。何だかねぇ。いいねぇ、羨ましいねぇ~」
 遠ざかる先輩の後ろ姿を見送りつつ、腕を組んだ仁王立ちの姿勢の後輩はぶつぶつ独り言を呟いた。
 その後足元を見て、顔が曇る。
(あ……先輩の荷物。私、が持ってくの、よね? ……それは、嫌だったりして)
スポンサーサイト

コメント

うんうん、ここで二人の距離が一気に縮まった気がするシーンでした!
そしてマリちゃんの最後のつぶやきが面白ったですw

あ、イラストできたんですが、ちゃんと渡せるかな?
できなかったら、結衣さんが私にくれた方法を教えてください(;ヮ;)

freilさん

コメントありがとうございます(*´ω`*)

マリがワクワクしてみてるんですよねw
ヒナがトオルに言うバカの回数はかなり増やしました(笑)

イラストありがとうございます!
うおう!!!ブログにお伺いします!
イラストは大きなサイズでアップロードして、
そのイラストのURLをブログでリンクさせたんです。
(分かりにくくてすみません(;´д`)説明ががが苦手ですみません)

何かわからないことありましたらまた連絡ください(;>_<;)
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は野分シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)

にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ



現在、毎週木曜に一時創作の物語を予約投稿しています。

ブロとも様&リンク様募集中です♪

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
376位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
11位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村