【白い思い出と紅い約束】一〇、潜入(4)【小説】

2015.01.20 22:00|【約束】小説
「白い思い出と紅い約束」

一〇・潜入(4)


 翌朝、ヒナは不思議そうにマリを見ていた。マリはなかなか閉まらないバッグのファスナーと格闘していた。トオルは少し離れた廃屋の中で荷造りと掃除をして、落ちた羽根を拾っていた。
「マリ。何でそんなに悲しそう、なの?」
 いつものように無邪気に擦り寄り問い掛けるヒナに、マリは顔を上げなかった。バッグのファスナーを何とか閉め終わったところで、ようやくヒナの顔を見た。
「ここでお別れだから」
 それだけをマリが答えた。
「おわかれ……? さよなら、ってこと?」
 曇りのないヒナの黒い瞳に見つめられ、マリは目を逸らし、唇をかんだ。
「ヒナ、ごめん。私、一人で逃げる。先輩をよろしくね」
「よろしく、されても困るよ。マリいなくちゃイヤ! 嫌だよ!」
 ヒナがマリの腕を掴んだ。マリは首を横に振り、ヒナの手の指一本ずつ、優しく開き、手を離させた。ヒナは目に涙をためている。
 ヒナの手を軽く包むように握ったマリは、囁くように優しくヒナに言った。
「もし帰って来れなくなったら、先輩と駆け落ちしちゃいなね。こんな国から逃げな、ね。逃げて、ごめんね……一人で逃げてごめん。ヒナ……ごめんね。さよなら……!」
 ヒナの口から言葉が出る前に、重そうなバッグを肩に掛け、二人を見つめていたトオルに深く頭を下げ、マリは走り去った。なだらかな山道を走って降っていく姿が見えた。
 ヒナはマリを追おうとしたが、トオルに腕を掴まれ阻まれる。
「マリが! マリが行っちゃうよ!」
 喚くヒナを、トオルは無言のまま抱き寄せた。ヒナはトオルの顔を見上げる。トオルの顔も苦しそうだった。
(……みんな、辛い)
 トオルの腕の中でヒナは声を上げて泣いた。また羽根が一枚落ちた。

 マリは走って走って……坂道を降ってから立ち止まる。後ろを振り返ってしまったが、もう二人の姿は見えなかった。
 バッグを肩に掛け直した時、山道の横の茂みがガサガサ動いた。
(やばっ、追っ手?)
 マリは腰に装備した小刀に手をやった。

 二人は緩やかな山道を歩く。家が点在していたが、人の気配がない。空き家が多いらしく、天気の良い昼だというのに誰ともすれ違わなかった。
「この先にあるのか?」
「そうそう……もうすぐ、だよ。……あ、見えた!」
 ヒナが指を差した先に小さな家が見えた。家の前に着き、木のドアをノックする。しかし中に人の気配はない。
「おばあちゃん、いないのかな?」
「……留守か?」
「この家は空き家ですよ」
 二人が家の前にいると、中年の女性に声を掛けられた。近所に住む者だろうか。野菜の入った籠を手にしている。
「あの、前まで住んでいた方は?」
 平静を装い、トオルが訊ねた。
「今年の夏に病気で亡くなりましたよ。家族とも連絡がつかず家はそのまま。……あなた方は?」
 怪訝な表情。トオルが警戒して腰に差した小刀の柄に手をやる。
 しかしドアに張り付くヒナを見て、女性は「あぁ」と声をあげた。
「もしかして」
スポンサーサイト

コメント

優しく手をつつみながら声をかけたのが
マリちゃんの今の精一杯だったんだろうな

離れていくものと残されたもの
いつかまた会える日がくるまでそれまでの
つらいけど辛抱

CLANNADはアフター含めて涙がハンパないですね。特にアフターなんて夜中見ながら泣いて(笑)見てたせいで画面がにじんで翌日の泣きつかれww

荒ぶるプリンさん

コメントありがとうございます(●´ω`●)
遅くなってしまってごめんなさい。

この国から逃げてほしいと思っているんですよね。でも他に行くところもないことも知っているって感じで。
どうにもならない気持ちで走り出したかな・・・と。

CLANNADはいいアニメでした(*´ω`*)
そして春原大好きで仕方ないんですwwwどうしてあんないいやつに恋人いないんだってばよwww
非公開コメント

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

清水結衣

Author:清水結衣
いつもご訪問いただきありがとうございます。

オリジナル中心でお絵かき。たまに版権絵。
そしてぼちぼち文章を。
プロフ画は笹間シムロさんに描いていただきました
(*´ω`*)


現在、木曜日に創作物語を予約投稿しています。


ブロとも様&リンク様募集中です♪

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アルバム

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
11位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村